スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汚辱のイラマチオ

他者を支配し洗脳する手段は様々あるが、

一般的かつ効果的なものは圧倒的暴力による恐怖支配だろう。

勿論、それだけでは限界があるが、

これから性奴隷化計画を進めていく上でも玲司は初っ端で躓く訳にはいかなかった。

腕も未熟、計画も実験段階である以上、その選択が玲司は最適だと考えた。



目を覚ました後もカナは混乱状態にあった。

それもそうだろう。

全裸になっている上に拘束されているのだ。

そして目の前では何故か兄が自分を見下ろしている。

「...な......に...してるの...?」

絞り出す様なその問いに、しかし玲司は答えず

カチャカチャとベルトを外しズボンを脱ぎ出した。

「........っ!?」

突然、服を脱ぎ出した事もそうだが、その後に現れた不気味な男性器にカナは驚愕した。

全裸の妹を前にその男根は聳り立ち、

それ自体が意思を持った一匹の生き物の様にビクンビクンと動いている。

幼い頃に見た兄の可愛らしいチンチンとは全く異質のもの。

黒々とした肉の棒には血管が浮き出し、先端は節くれ立って妙なコブが付いている。

さながらそれは一本の槍のごとし凶器に見えた。

玲司は無言のままベッドに上がるとカナの眼前に肉の凶器を突き出した。

「......いっ.....や!」

本能的にカナは顔をのけぞらせ後退しようとしたが思うように体が動かない。

拘束されている事に加えて薬がまだ効いているのだ。

玲司カナの頭を乱暴に掴むと無理矢理、体を起こした。

「咥えろ」

一言そう告げるとカナの口元にペニスを近付ける。

「.......っやだ!」

首を左右に振り抵抗の意思を示したその時、

バシンッ!!

カナの頬に鋭い痛みと衝撃が走った。

たまらずベッドに倒れ込んだカナは、

自分が殴られたのだと認識するまで数秒の時間を要した。

痛みはほとんど感じなかった。

それよりも殴られたという事実の方がショックが大きかった。

頭の中が真っ白になり完全に思考が停止した。

そんな様子を冷徹に見下ろす玲司は再びカナを乱暴に起こすと、

「咥えろ」

ただ一言そう告げた。

「...........あ.........あ.........」

醜悪な肉棒がスローモーションのように目の前に近付いてくる。

目の前の現実が受け入れられない。

思考が停止してしまったカナは今度は抵抗する事が出来なかった。

「おごぉぉぉぉぉぉ!!」

喉元まで一気に剛直が差し込まれた。

あまりの衝撃に目の前がパチパチ眩む。

生臭い匂いが口中いっぱいに広がり、続いて嘔吐感が込み上がってきた。

頭を掴み喉の奥までペニス差し込むと、玲司は腰を前後に激しく動かし始めた。

(待って!!やめてっ!!苦しい!!!)

声を発しようとしたがそれは言葉にならなかった。

「......ッン.......ぐっ........おえっ.......」

自分が今何をしているのか、何をさせられているのか、

性の知識が乏しいカナにはよく分からなかった。

ただ自分が汚され、辱められている事だけは分かった。

「うぐっ......あうっ.......ンッ!...ンッ!...ンッ!」

ズルズルと肉の槍が口の中を出たり入ったりしている。

「歯を立てるなよ。チ×コ傷つけたらまた引っぱたくからな」

感情のこもらないその言葉が何を意味するのかよく分からなかったが、

カナは再び殴られる恐怖に怯え、言われた通り歯が当たらないように気を付けた。

自然と口中は汚らしい性器の匂いとカナ自身の涎でいっぱいになった。

口の端からダラダラと涎がこぼれ出し、

その涎にまみれてぬらぬら光る赤黒い肉棒が目の前で前後に動き暴れ回っている。

何度も嘔吐く内にいつの間にか瞳から涙が零れていた。

「これがフェラチオか....カナ....お前の口は最高に気持ちいいぞ...」

恍惚の表情を浮かべる玲司カナの意思を全く無視して遮二無二腰を振りたくった。

「おごっ........むぅぅ!!」

何かを考えようとしても生臭さと息苦しさにすぐに意識を奪われてしまう。

そこに情けも容赦も一切無かった。

あるのは一方的な肉の暴力。

カナを見つめる玲司の目には恍惚以外の感情が読み取れなかった。



グチュッ  グチュッ  グチュッ

あれからどれ位、時間が経ったんだろう...

部屋に響くのはカナのくぐもった呻き声と粘性の液体が弾ける音。

実際には数分も経っていないのだが、

カナには一時間にも二時間にも思える永遠の無限地獄に感じた。

次第に息苦しさと現実逃避からカナの意識がスゥっと遠のき始めた。

しかし、その時、男根にこれまでにない反応があった。

口の中で今までより一回り大きくなったかと思うと、

ビクビクと蠢き出したのだ。

カナっ!イクぞっ!!口の中に出してやる!!!」

そう言って玲司は腰の振りを更に加速させた。

...イク?.........イクとはなんだろう?

そう考える間もなく喉の最奥まで男根を差し込まれ、


ドクンッ!     ドクンッ!



その先端から勢いよく精子が飛び出した。

喉に焼け付くような熱さを感じると同時に

生ゴミのような腐臭が鼻腔いっぱいに広がった。

(やだっ!!苦しい!!気持ち悪い!!)

瞬時に覚醒したカナは首を振ってその苦痛から逃れようとしたが、

玲司がガッチリ頭を掴んで離さない。

「あがっ!.....おえっ!!」

次々に送り込まれる灼熱の液体が口内にドンドン溜まっていく。

嘔吐感から飲み下す事は出来ず、口の端から白濁の液が溢れ出す。

それが男性の精子である事すら理解していない。

その悪臭にカナの眉間には深い皺が出来ていた。

三度、四度、口内で剛棒がビクンビクンと動き、

残りの精子を吐き出したのち、ようやくカナは地獄の苦しみから解放された。

「ゴホッ!!ゴホッ!!ゴホッ!!」

咳き込みながら力無くベッドに倒れ込んだカナの口から、

涎と精子の混ざり合った粘性の液体がドロドロと溢れ出した。

放心状態にあるカナは自分の身に起きた出来事を認識する事は出来なかった。

出来る事はただ、ポロポロと涙をこぼす事だけだった...
関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の同人誌はレベルが高い!

リンクサイト様更新情報

アルファポリスWebコンテンツ

はじめに

蒼ノ雀

Author:蒼ノ雀
はじめまして、言葉と音楽で感じられる小説を目指し、ポツリポツリとエッチな小説を書いている蒼ノ雀と申します。
まだまだ駆け出しのひよっこですが、お読み頂けると幸いです。

キャラクターボイス(CV)
男性CV:澄夜様
登場人物【名前変換機能】
登場人物を好きな名前に変換出来る夢小説仕様です。
最新記事
作品カテゴリ
ブロマガ作品一覧
【完全支配-性奴隷プログラム-】【いとしのユウ&アイ Side-A】【痴漢の流儀】  上記作品が現在ブロマガ(有料)となっております。 購入する事でお読み頂けます。

ブロマガ価格:¥ 600

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

Kindle版
DL販売サイト様
DL版も販売してます。
完全支配
ポチッと応援されると興奮、いえ喜びます。
注意事項など
※当作品はフィクションであり、実際の人物、団体、名称とは一切関係ありません。当作品は犯罪を教唆、肯定するものではありません。また、社会規範に対する否定的な意図を持ちません。 ※性的描写を含みますので18未満の方の閲覧はご遠慮ください。 表現上、嫌悪感をいだかれる懼れのある場面もございますので、内容をご判断頂き、御理解の上お読み下さい。 また作品の著作権は全て作者に帰属します。 [小説家になろう]にて投稿中。
検索フォーム
雀のつぶやき
Twitter始めました!主に更新情報をツイートしていきます。良かったらフォローして下さい(。>ω<)
リンクサイト様
当サイトのリンクはフリーとなっております。ご連絡を頂いた場合、こちらをリンクされている事が確認出来次第リンクさせて頂きます。あまりに内容のかけ離れたサイト様の場合、相互リンクをお断りさせて頂く場合がありますのでご了承下さい。 ご連絡は下部のメールフォームよりお願いします。
メールフォーム
みなさまのご意見、ご感想お待ちしております。 読者様のご意見を参考にし、よりよい物を書いていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。 その他の連絡等もこちらのメールフォームよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
ましゅまろくらぶの真理子様より素敵なバナーを頂きました。ダウンロードしてお使い下さい。     バナー2
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。