スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お嬢様、つまみ食いなど品性の欠片も御座いませんね。その1




 香ばしいパンと淹れたての紅茶の匂いに鼻腔をくすぐられるようにしてアリアは目を覚ました。

 体をモゾリと動かして寝ぼけ眼で辺りを見回す。

「お目覚めですか、お嬢様?」

 銀色のワゴンに朝食の支度をしていた佐野山がいち早くそれに気付き、アリアに声を掛ける。

「......は?——え?......わたし」

 目の前のいつもの光景に全くもって現実感が伴わない。

 いや、追いついてこないといった方が正しいかもしれない。

 さっきまで自分がされていた事、そちらの方が明らかに現実離れしていたというのに......

(......されていた?......なに、を......?)

「いかがされましたか、お嬢様?」

 そんなアリアを佐野山が心配そうに見詰めてくる。

「顔色が幾分優れないようですが......」

 佐野山アリアの調子を確かめる為にグイッと顔を近づけた。

 より間近でアリアの状態を確認しようと思ったのだろう。

 顔と顔が触れそうな位に距離を縮められたアリアはその瞬間身体が強張り、

「なっ、なんでもないからっ!」

 と言って佐野山から離れた。

「?」

 何故自分から逃げるのか。

 アリアのいつもと違う様子に佐野山は小さく首を傾げる。

 普段のアリアなら使用人に顔を近付けられようが裸を見られようが、それが必要なものであれば全く意に介さないのだから佐野山が不思議に思うのも無理からぬ事。 

 しかし、今のアリアはこれまで全く意識していなかった佐野山という存在を妙に意識し始めていた。 

 いや、正確に言えば佐野山というよりも”男”という存在を。

 アリアは自分の体に意識を走らせた。

 それはある種の違和感を探す為であったが、体の何処にもアリアが考えているような感覚は無かった。

 膣に異物を挿入されたかもしれないという違和感を。

 だとしたら結論は一つしかない。

 あれは......

(夢......だったのかしら......?)

 それにしては妙に生々しく淫猥過ぎる夢だった気がする。

 佐野山にマッサージを頼み、妙な薬を身体に塗り込まれ、そして無理矢理......

 夢の中では確かに挿入され、中出しまで出された。

 それがもし現実であったなら、挿入された身体に違和感が無いのはおかしい。

 どれだけ事後に身体を拭き清めようともSEXをしたかどうかなど女には感覚として”分かる”からだ。

 あれはやはり夢だったのだ。

 そう考えるとさっきまでのあの生々しい感覚が既に霧散し始めているのが分かる。

 細部がもう思い出せなくなっていた。

 ただ夢の残滓として、男に抱かれたという感触だけが残っていた。

「ねぇ佐野山......私、あなたにマッサージして貰ってた......よね?」

 そこまでは記憶として残っている。

 だがそこから先が思い出せない。

 だから佐野山に聞いてみるしかなかった。

「えぇ、お嬢様から面白い事をしてくれと頼まれまして、オイルマッサージをして差し上げました。もっとも、お嬢様はマッサージの途中で眠ってしまわれましたが......」

 佐野山の答えはアリアが予想した通りのものだった。

「.........そう」

 やはり使用人であるこの男が自分を襲うなどありえない事。

 そう考えるのが妥当であり現実的な結論だった。

佐野山に無理矢理犯される夢を見るなんて......私欲求不満なのかしら......?)

 それを思うとアリアは頭を抱えずにはいられなかった。

 急に頭を抱え出したアリアに驚いた佐野山は、心底気遣うような調子で話し掛けた。

「......お嬢様、何か悪い夢でも見られたのでしょうか?もしそうであるなら、朝食を摂った後、気晴らしに散歩にでも行かれてはどうでしょう?」

 佐野山のそんな提案に、

「......えぇ、そうするわ」

 アリアは素直に首を縦に振った。




 朝食を済ませたアリアは広大な敷地内を散歩していた。

 専属の庭師による剪定の行き届いた草花を眺めていると幾分心が落ち着いていくようだった。

 ゆったりとした歩調で芝生を踏みしめ、アリアは思う。

「それにしても、あれは何だったのかしら......?」

 マッサージから性的な事を連想した事など無かったが、それでも佐野山のマッサージが引き金となってあんな夢を見た事は間違いない。

 それ程までに今の自分は欲求が溜まっているのだろうかと思ってしまう。

「彼氏でも作った方がいいのかしら......」

 溜め息混じりにそう呟いてみる。

 学生の頃はそれなりに恋愛と呼べるものをしていたが最近はとんとご無沙汰だった。

 ある程度経験してしまうと、「何だこんなものか」という気持ちがどんどん強くなっていった。

 それはSEXに対してもそうだった。

 前戯もそこそこに自分勝手に腰を振る男性を下から眺めていると百年の恋も醒めてしまう気分であった。

 だから心の何処かで恋愛に対して、SEXに対して見切りをつけてしまったのかもしれない。

 下らないとまでは言わないものの、無理してする程の事でもない——と。

 そうして恋愛から離れれば離れる程、自分の中から女らしさといったものが薄らいでいっているのもまた事実。

 しかし、昨夜の夢で自分は女であるという事をハッキリと意識した。

 いや、させられてしまった。

 それが使用人の佐野山だという事がまた腹立たしい部分ではあったが、夢である以上佐野山に非はこれっぽっちもない。

 クビはもちろん、責める事すら出来ないのだ。

 佐野山の指使い、その動きに従って反応する自分の身体。 

 中心にアレが入ってきた時の快感と充足感。

 あんなSEXは今まで味わった事などなかった。

 全方位から責められ、逃げ場を失った快感が身体の中心部に向かって一気に爆発する感覚。

 たとえ夢とはいえ、その感覚を思い出すだけで女芯が熱くなりそうだった。

「——ハッ......私ったら——」

 気付くとあの夢の事ばかりを考えている。

 これでは何の為に気晴らしの散歩をしているか分からない。

 アリアは一度軽く頭を振ると、あの夢の残滓を頭から振り払う。

 そして深呼吸をして散歩を再開した。




応援が励みです。
関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の同人誌はレベルが高い!

リンクサイト様更新情報

アルファポリスWebコンテンツ

はじめに

蒼ノ雀

Author:蒼ノ雀
はじめまして、言葉と音楽で感じられる小説を目指し、ポツリポツリとエッチな小説を書いている蒼ノ雀と申します。
まだまだ駆け出しのひよっこですが、お読み頂けると幸いです。

キャラクターボイス(CV)
男性CV:澄夜様
登場人物【名前変換機能】
登場人物を好きな名前に変換出来る夢小説仕様です。
最新記事
作品カテゴリ
ブロマガ作品一覧
【完全支配-性奴隷プログラム-】【いとしのユウ&アイ Side-A】【痴漢の流儀】  上記作品が現在ブロマガ(有料)となっております。 購入する事でお読み頂けます。

ブロマガ価格:¥ 600

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

Kindle版
DL販売サイト様
DL版も販売してます。
完全支配
ポチッと応援されると興奮、いえ喜びます。
注意事項など
※当作品はフィクションであり、実際の人物、団体、名称とは一切関係ありません。当作品は犯罪を教唆、肯定するものではありません。また、社会規範に対する否定的な意図を持ちません。 ※性的描写を含みますので18未満の方の閲覧はご遠慮ください。 表現上、嫌悪感をいだかれる懼れのある場面もございますので、内容をご判断頂き、御理解の上お読み下さい。 また作品の著作権は全て作者に帰属します。 [小説家になろう]にて投稿中。
検索フォーム
雀のつぶやき
Twitter始めました!主に更新情報をツイートしていきます。良かったらフォローして下さい(。>ω<)
リンクサイト様
当サイトのリンクはフリーとなっております。ご連絡を頂いた場合、こちらをリンクされている事が確認出来次第リンクさせて頂きます。あまりに内容のかけ離れたサイト様の場合、相互リンクをお断りさせて頂く場合がありますのでご了承下さい。 ご連絡は下部のメールフォームよりお願いします。
メールフォーム
みなさまのご意見、ご感想お待ちしております。 読者様のご意見を参考にし、よりよい物を書いていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。 その他の連絡等もこちらのメールフォームよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
ましゅまろくらぶの真理子様より素敵なバナーを頂きました。ダウンロードしてお使い下さい。     バナー2
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。