スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【乃木坂妄想倶楽部】~美少女コレクター~ 第七話 女の悦び2



(大分、ほぐれてきたようだな)

 白い身体を滑らせる指のスピードは一定を保ち、出来る限りゆっくりと進ませる。

 何でも速ければ女は感じるというものではない。

 むしろ、その逆、焦らす様な動きこそ、女の身体は昂っていくのだ。

「んんっ、あッ、藤堂さんっ!私っ」

「気持ち良くなってきましたか?麻衣様」

 柔和に微笑みながら、麻衣の顔を覗き込む。

 高原の雪でもここまで美しい白ではないだろう。

 そこに差した紅の色が本当によく映えていた。

「身体がっ......熱くなって......あッ!声がっ......勝手にっ」

「それでいいんですよ、麻衣様」

 優しく、子供でもなだめるように諭していく。

 鷲男が催した悪趣味な一興で怯える麻衣に、SEXとは、性行為とは怖いものではなく、快感を伴うものであると教える事。

 それは『壊されない』為の必修項目でもあった。

「何処を、触って欲しいですか?」

「そんな事っ......言えませんっ」

 未だ恥じらいの強い麻衣、警戒心もあるだろうが、経験と共に薄らいでいくだろう。

「そうですか、では触って欲しい所があったらいつでも言って下さいね」

 そう言ってまたソフトな愛撫に戻る。

 全身をくまなく愛でていく。

 ただし、敏感な箇所だけは毎回ギリギリで躱していく。

 触れそうで触れないのがコツだ。

 藤堂は再び麻衣の耳元に口を近付けると、

麻衣様のイヤらしい声で、私も興奮してきました」

 そう言って、さっきまではくすぐったがっていた耳珠を舌で舐めた。

「アアアアッ!?ウウウウンンンッ!!」

 今度はさっきとまるで違う反応が返ってきた。

 くすぐったい場所というのは、実は性感帯の一歩手前の状態なのだ。

 時間を掛けて全身をくまなく愛撫してやれば、そこは性感帯へと生まれ変わる。

「なんっでっ......?——アァッ!ンンンッ」

 麻衣自身もその事に驚き、戸惑いを見せる。

 自分が今まで性感帯だと思っていた場所が次々と塗り替えられ、違う箇所が性感帯へと上書きされていく女の姿を見るのはとても楽しい。

 前人未到の地に、足を踏み入れたという実感があるからだ。

 激しくするばかりが責めではない。

 こうしてゆっくり時間を掛けて焦らしていくのも一つの責め方。

 そして、その方が——女は狂う。

(頃合いか......?)

 一時間以上掛けた愛撫のおかげで麻衣の身体は十分にほぐれている。

 その間、一度も性器や乳首には触れていない。

 出来る事なら麻衣の口から触ってくれと言わせたかったが、初回ではどうやら難しいようだ。

 何故なら——

 麻衣は知らないからだ。

 これだけ焦らされ、温められた後に敏感な場所を弄られたらどれだけ感じるのかを。

 どれだけの快感が全身を襲うのかを。

「————ッ!?キャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」

 部屋中に絶叫が響き渡った。

 そう、絶叫と呼んで差し支えないレベルの叫び声。

 何度聞いても心地良い。

 藤堂麻衣の乳首を軽く抓っただけ。

 たったそれだけで麻衣の身体跳ね上がり、指の先まで硬直していた。

 藤堂はそのまま、もう片方の乳首に顔を寄せ、吸い上げる。

「ヒッグッ!?アアアアァァァァァァッ!!だめぇ!!だめぇぇぇぇぇぇぇ!!!」

 麻衣は激しく暴れ、乳首をむさぼる藤堂の頭を必死に押し退けようとする。

 しかし、藤堂としてもここは譲れない所。

 首に力を込め、麻衣の抵抗をいなしながら乳首に尚も愛撫を加えていく。

「ヒッイィィィィィィィィィィィ!!アッ!アッ!アァンッ!だめっ!!また何か!くるっ!!」

 乳首でイカされた事のある女は少ない。

 それは、日本のSEX満足度が世界最低ランクである事からも容易に想像出来る。

 性体験の無い麻衣であれば尚の事。

 自慰如きでは、この領域に突入する事は不可能なのだ。

 しかし、

(まだまだ、これからですよ、麻衣様)

 ここはまだ、真のSEXの入り口でしかない。

「あッ、ンンッ、あぁっ!!や......だっ!声、出るのっ!いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

 羞恥心が強い為か、感じている声を出す事に抵抗があるらしい。

 その枷は、外してやらなければならない。

「大丈夫です、麻衣様。気持ち良ければ声が出るのは自然な事です」

 一旦、乳首への愛撫を止め、優しく声を掛ける。

「う、うぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ......」

 そうは言われても、簡単に羞恥心は拭えるものではないだろう。

 少女ゆえ、自分が感じている事を認めたくないというのもある。

 そういう時は、

麻衣様の声、沢山聞かせて下さい。その方が私も嬉しいです」

 にこやかに微笑んで髪をソッと撫でる。

 出してもいい、むしろ出してくれた方がいいという”理由”を与えてやるのだ。

 こちらの心の声を聞かせる事で、もっとSEXに対して積極的にさせる。

「............嫌です............恥ずかしいです......」

(——っと)

 だからと言って何でもこちらの思い通りには運ばないのも事実。

 しかし、それもまた折り込み済み。

 調教の醍醐味でもあるのだ。

(本当に......女というのは面白い......) 

 嫌だと言ったからといって、それが本心であるとも限らない。

 だが、さっきの言葉で枷に多少はヒビが入っただろう。

(それは、こっちで確認するか......)

 弄っていた麻衣の胸から滑らせるように下腹部へ向かう。

 ”何処に向かっているのか?”を麻衣に知らせる為にわざとゆっくりと。

「——あっ!?......う、うぅぅぅ......」

 ツゥッと進む指先の方角に麻衣が気付き、小さく呻く。

 乳首だけであれだけ感じてしまったのに、ソコを弄られたらどうなるのか不安だといった顔をしていた。

 藤堂は何も言わず、安心させる様に唇を重ねた。



応援が励みです。
関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

更新ありがとうございます。
素晴らしい作品だと思います。
今後の展開がとても楽しみです。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
本当に励みになります;;
読者の方が聴覚からも感じられるよう、試験的に音楽をつけてみました。
また是非感想聞かせて下さい。

音楽イイと思います。
曲のチョイスも雰囲気が出ていて、
より作品の世界に入り込めると思います。
ぜひぜひ新作も含め、今後の展開に期待しています。

ご感想ありがとうございます。

気に入って頂けてホッとしました^^
言葉と音楽で感じる小説はまだまだ試行錯誤の段階で、
自分の感覚に依る所が大きいです。
「この曲はなんか違うな...」と感じられた時は、また忌憚ない意見を是非頂きたいです。
【痴漢の流儀】も佳境に入ってきたので、ラストまで手を抜かず頑張ります!

最近の同人誌はレベルが高い!

リンクサイト様更新情報

アルファポリスWebコンテンツ

はじめに

蒼ノ雀

Author:蒼ノ雀
はじめまして、言葉と音楽で感じられる小説を目指し、ポツリポツリとエッチな小説を書いている蒼ノ雀と申します。
まだまだ駆け出しのひよっこですが、お読み頂けると幸いです。

キャラクターボイス(CV)
男性CV:澄夜様
登場人物【名前変換機能】
登場人物を好きな名前に変換出来る夢小説仕様です。
最新記事
作品カテゴリ
ブロマガ作品一覧
【完全支配-性奴隷プログラム-】【いとしのユウ&アイ Side-A】【痴漢の流儀】  上記作品が現在ブロマガ(有料)となっております。 購入する事でお読み頂けます。

ブロマガ価格:¥ 600

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

Kindle版
DL販売サイト様
DL版も販売してます。
完全支配
ポチッと応援されると興奮、いえ喜びます。
注意事項など
※当作品はフィクションであり、実際の人物、団体、名称とは一切関係ありません。当作品は犯罪を教唆、肯定するものではありません。また、社会規範に対する否定的な意図を持ちません。 ※性的描写を含みますので18未満の方の閲覧はご遠慮ください。 表現上、嫌悪感をいだかれる懼れのある場面もございますので、内容をご判断頂き、御理解の上お読み下さい。 また作品の著作権は全て作者に帰属します。 [小説家になろう]にて投稿中。
検索フォーム
雀のつぶやき
Twitter始めました!主に更新情報をツイートしていきます。良かったらフォローして下さい(。>ω<)
リンクサイト様
当サイトのリンクはフリーとなっております。ご連絡を頂いた場合、こちらをリンクされている事が確認出来次第リンクさせて頂きます。あまりに内容のかけ離れたサイト様の場合、相互リンクをお断りさせて頂く場合がありますのでご了承下さい。 ご連絡は下部のメールフォームよりお願いします。
メールフォーム
みなさまのご意見、ご感想お待ちしております。 読者様のご意見を参考にし、よりよい物を書いていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。 その他の連絡等もこちらのメールフォームよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
ましゅまろくらぶの真理子様より素敵なバナーを頂きました。ダウンロードしてお使い下さい。     バナー2
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。