スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【乃木坂妄想倶楽部】~美少女コレクター~ 第六話 女の悦び



 麻衣は驚く程、素直に口付けを受け入れた。

 弱った心に付け入るようで藤堂は何だか気が引けたが、今後の調教をスムーズに進める為に必要な通過儀礼だと割り切った。

 ソフトなキスを何度も繰り返し、麻衣に心の準備をする為の時間を与える。

 同時に麻衣に気付かれぬよう、純白のドレスを脱がしにかかる。

 次第にキスに夢中になっていく麻衣を腕の中で感じながら、しかし、藤堂の心は凍てつく氷の様に冷静であった。

 これは情報収集の役割も兼ねる。

 ただ単に麻衣に女の喜びを教える為だけのものではない。

 今後の調教カリキュラムの方向性までもが左右されるのだ。

 心の癖はそのまま体の癖にも反映される。

(心の性質を見抜き、看破する事は100回のセックスに相当する...)

 それが藤堂の持論でもあった。

 麻衣の反応をつぶさに観察する。

 今のキスのやり取りだけでも分かった事がいくつかある。

 麻衣は比較的、普通の感覚・感性を持った女性だ。

 ある程度の高い順応性と柔軟性を持ち、素直な性格。

 だがその分、自我や自己主張といったものが少なく、周囲に流されやすい。

 臆病であり、寂しがり屋な一面も持っているだろう。

 羞恥心もそれなりに高いが上手く利用すれば色んな麻衣が引き出せる。

(これからの調教次第...と言った所か...)

 ある程度の収集を済ませると、藤堂は思考を切り替えた。

 キスをしながら手際良く脱がせたドレスをベッドの脇にそっと置く。

「えっ........あっ......恥ずかしいっ......」

 麻衣は今気付いたとばかりに露わになった下着を腕で隠す。

 麻衣一人に恥ずかしい思いはさせないとばかりに藤堂は上半身の衣服を脱ぎ捨てる。

 華奢に見えたその身体は、しかし服を脱ぐと意外に筋肉質であった。

 異性のたくましい肉体にドキリとした麻衣は顔を赤らめ目を逸らした。

 その反応を良好と受け取った藤堂は、

「私にお任せ下さい。麻衣様はただ感じるままにいてくだされば...」

 そう言って麻衣の体に覆い被さった。

「はっ......んッ———.....んっ.......んんっ」

 麻衣の思考を奪い取るかのようにさっきまでとは打って変わって激しいキス。

 呼吸が出来ない程、強く唇を押し付け、熱い吐息を吹き込んでいく。

 更に上と下の唇を甘噛みするようにキスを重ねる。

 絡み合うような口付けは互いの唇に熱を帯びさせ、それは全身に波紋のように広がっていく。

 藤堂麻衣の背中に手を回すと、プチッとブラのホックを外した。

麻衣様、腕をお上げ下さい」

 命じられるまま腕を上げる麻衣

 そのまま体からブラジャーを抜き取る。

 身を隠す物を失った麻衣は体を抱いて更に顔を赤くした。

 麻衣の白い肌は赤に染まると余計に際立つ。

 恥ずかしいという感情を絶対に人に隠せない身体を生まれ持っているのだ。

「照れている麻衣様も可愛いですよ...」

 耳まで赤くした麻衣が拗ねたように横を向いた。

 本当に怒っている訳ではない。

 僅かに強張った顔。

 麻衣の羞恥と緊張が伝わってくるような表情だ。

 固く閉じた貝殻を開くように胸を隠す腕を解いていく。

 白丘の膨らみの上に咲く可憐なピンクの頂き。

 その丘を包み込む様に柔らかく掌を添える。

 フニュリとした柔らかい感触。

 手に吸い付くようなきめ細やかな素肌。

 心臓の鼓動が早鐘のように打っていた。

 麻衣の緊張を解く為、もう一度口付けを交わす。

 と同時に添えた掌も動かしていく。

 驚かせない様にゆっくりと優しく。

 胸の膨らみを震わせるように揉み始める。

 ピンクの蕾には直接触れず、掌の中心にたまに触れる程度。

「.....ふっ———......んんっ......あぁっ!」

 艶と熱の入り混じった声を麻衣が漏らした。

 胸への微弱な愛撫でも充分に感じ始めている証拠だった。

 丁寧に扱いながらもその愛撫は徐々に妖しく、激しくなっていく。

 まるで快感の階段を一段、また一段と昇らせるかの様に。

 その手の動きは円を描くように麻衣の胸を撫でていく。

 螺旋状の動きは次第に上へ上へと進んでいくが、

 しかし遅々として進まず、焦らし、期待感を煽るようだった。

 自身の胸を這い回る手の動きは麻衣も分かっている。

 その手が昇ってゆけば何処に辿り着くのかも...

 ピンクの蕾が待ち焦がれるようにピンと張り詰め震えていた。

「.....あの.....藤堂さん......」

 未だ赤い顔のまま、麻衣がおずおずと口を開く。

「なんですか?麻衣様」

 ニッコリと柔和に微笑み、麻衣の言葉を待つ。

 麻衣が何を言いたいのか藤堂には分かっている。

 恐らく我慢出来なくなり始めているのだろう。

 だが、藤堂はあえて聞き返す。

 快感を得ているという事を麻衣に実感させる為だ。

 麻衣はしばらく口をパクパクさせた後、

「..........なんでも.....ないですっ.....」

 と言って口を閉じた。

 藤堂はそれ以上問いただす事はせず、再び愛撫を開始する。

 唇を奪い、激しい口淫を交わしていく。

 手の動きは相変わらずゆっくりと、だが妖しい激しさを持って愛撫していく。

「んっ......ちゅっ.......うぅんっ.......あっ!.........あぁ!!」

 体の上と下で熱量の異なる責めの数々。

 麻衣は快楽の渦に否応なしに呑み込まれてゆくのだった。



応援が励みです。
関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

更新願います。

Re: タイトルなし

乃木坂シリーズ、大分放置しちゃってますね^^;
申し訳ないです...
現在、裏で執筆中のユウ&アイSide-bが終わり次第、更新していこうかと思っています。
それまでもう少しお待ち下さいm(._.)m

ありがとうございます。
期待しています。

最近の同人誌はレベルが高い!

リンクサイト様更新情報

アルファポリスWebコンテンツ

はじめに

蒼ノ雀

Author:蒼ノ雀
はじめまして、言葉と音楽で感じられる小説を目指し、ポツリポツリとエッチな小説を書いている蒼ノ雀と申します。
まだまだ駆け出しのひよっこですが、お読み頂けると幸いです。

キャラクターボイス(CV)
男性CV:澄夜様
登場人物【名前変換機能】
登場人物を好きな名前に変換出来る夢小説仕様です。
最新記事
作品カテゴリ
ブロマガ作品一覧
【完全支配-性奴隷プログラム-】【いとしのユウ&アイ Side-A】【痴漢の流儀】  上記作品が現在ブロマガ(有料)となっております。 購入する事でお読み頂けます。

ブロマガ価格:¥ 600

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

Kindle版
DL販売サイト様
DL版も販売してます。
完全支配
ポチッと応援されると興奮、いえ喜びます。
注意事項など
※当作品はフィクションであり、実際の人物、団体、名称とは一切関係ありません。当作品は犯罪を教唆、肯定するものではありません。また、社会規範に対する否定的な意図を持ちません。 ※性的描写を含みますので18未満の方の閲覧はご遠慮ください。 表現上、嫌悪感をいだかれる懼れのある場面もございますので、内容をご判断頂き、御理解の上お読み下さい。 また作品の著作権は全て作者に帰属します。 [小説家になろう]にて投稿中。
検索フォーム
雀のつぶやき
Twitter始めました!主に更新情報をツイートしていきます。良かったらフォローして下さい(。>ω<)
リンクサイト様
当サイトのリンクはフリーとなっております。ご連絡を頂いた場合、こちらをリンクされている事が確認出来次第リンクさせて頂きます。あまりに内容のかけ離れたサイト様の場合、相互リンクをお断りさせて頂く場合がありますのでご了承下さい。 ご連絡は下部のメールフォームよりお願いします。
メールフォーム
みなさまのご意見、ご感想お待ちしております。 読者様のご意見を参考にし、よりよい物を書いていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。 その他の連絡等もこちらのメールフォームよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー置き場
ましゅまろくらぶの真理子様より素敵なバナーを頂きました。ダウンロードしてお使い下さい。     バナー2
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。